相続に関する相談

投稿日:

大切な家族に財産を残しておいてあげたい…そう考えている人も多いと思いますが、自分が被相続人になったときのことをイメージして早めに行動に移すことによって様々なメリットが生まれます。
まずひとつめは何と言っても相続トラブルを回避できるという点で、遺産相続は経験した人の多くが何らかのトラブルがあったと答えるくらい頻繁にトラブルが発生しますから、そういったことがないようにあらかじめ準備しておくことが求められます。

中でもまず考えておきたいのが相続税に関する問題で、これは相続人を誰にするのか、さらにどの財産を相続させるのかによって見えてきます。
相続税が発生するかどうかはプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから基礎控除額を引いた金額が対象になりますので、まずはそこを明確にします。

基礎控除額は3,000万円+600万円×相続人の数で計算することができますので、たとえば相続人が3人いるところであれば3,000万円+600万円×3で4,800万円が基礎控除額になります。
相続させる財産の総額が8,000万円だったとすると、そこから4,800万円の基礎控除額を引いて残った3,800万円が相続税の対象になります。

これだけ見ればそれほど難しいことではないように思うかもしれませんが、相続財産は必ずしもすぐに現金化できるものばかりではありませんし、不動産を相続してそれを継続利用するとなると自己資金で相続税を納めなければなりません。
そういった相談は銀行でも受け付けているので、自身がお金を預けている銀行で相談してみるのがまず第一の選択肢になりますから、相続税や不動産について話をしてみるといいでしょう。
さらに前もって遺言書を残しておき、どのように相続を進めておくのか記しておけば、相続人となる人が迷うこともありませんしトラブルに発展する可能性も低くなります。
トラブルの芽を早めに摘んでおくことが相続をスムーズにするのです。