専門家を比較

投稿日:

遺産相続をはじめるにあたっていろいろなことをやらなければなりませんが、ひとつひとつこなしていくのは時間がかかりますし、知識も必要になるのでもともとそういった仕事をしていた人や情報収集をしていた人でない限り難しい面もあります。
そんなときに役に立ってくれるのが専門家で、遺産相続をするときにはいろいろな専門家を頼りにすることができますから、知っておくといいでしょう。
そこでここでは遺産相続のときに頼れる専門家を紹介しますので比較してみてください。

まずはじめに遺産相続全般の相談をしたい場合ですが、これは弁護士あるいは司法書士がおすすめで、弁護士は代理人業務をしてくれるだけでなく訴訟や交渉を得意としているのでトラブルに発展したときにも強いですし、司法書士も不動産登記や代理人業務ができます。
料金だけみると司法書士のほうが安くなることが多いですが、相続トラブルになりそうであればその後のことも考えて弁護士に任せたほうが安心かもしれません。
遺産相続のトラブルはかなりの頻度で起こると言われていますし、できるだけスムーズに進めるためにも相続人全員が知っている人に依頼することをおすすめします。

さらに相続のトラブルは必ずしも相続人同士とは限りません。
相続財産には相続税がかかってくる可能性があるので、ここでトラブルに発展するケースもありますから注意が必要です。
相続税はプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額を引いて残った部分が対象になるため、自分はかからないと思い込んでいる人も意外と多いです。
しかし安易に放置した結果、納税期限を過ぎてしまってペナルティの対象になることもありますので、前もって税理士に相談することをおすすめします。

相続税の納税期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内と決まっていますので、遺産分割協議を終えたら速やかに相続税について調べるようにしてください。
このように専門家はいろいろなところで役立ちます。