税理士に相談するメリット

投稿日:

被相続人が亡くなったら速やかに遺産相続の手続きを進めなければならず、遺言書が残されていない場合は遺産分割協議が開かれます。
遺産分割協議は被相続人が亡くなってから10カ月以内に終えて遺産分割協議書を作成し、相続税がかかる場合は税務署へ申告しなければなりませんから、やることはけっこうあります。

特に相続税がかかるとなると、納税手続きまでのところできちんと計算しておかなければなりませんから、自分だけでやるよりも税理士に相談したほうがいいでしょう。
相続税はプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから基礎控除額を引いて残った部分が対象になるのですが、基礎控除は3,000万円+600万円×相続人の数で計算されるので相続人の数によって金額が変わります。

たとえば相続人が3人いて、相続財産が8,000万円だったとすると、基礎控除額は3,000万円+600万円×3ですから4,800万円で、相続財産の8,000万円から引くと残った3,200万円が相続税の対象になります。
そこからさらに税率を当てはめていき、正しい相続税額を出します。
また特例などもありますので、正確な数字を出すのが難しいこともありますから税理士に依頼しておくと、そのあたりも正確で安心できます。

税理士に依頼するメリットはそれ以外にもまだまだあって、たとえば節税したい場合のアドバイスや具体的な対策も立ててくれますし、正確な手続きをしてくれるのでペナルティが発生する心配もありません。
相続税は被相続人が亡くなってから10カ月以内に納税しなければいけませんので、もし過ぎてしまうとペナルティを徴収されてしまいます。
しかもその通知が来るか来ないかは税務署側の判断になりますから、相続人自身でやらなければなりません。
ですから税理士に依頼することで安心して遺産相続を進められますし、相続税がかかるにしろかからないにしろしっかりとした手続きができるのです。