税理士に相談しないとどうなる?

投稿日:

遺産相続をすると相続人に相続税がかかってくる可能性があり、その場合被相続人が亡くなってから10カ月以内に税務署へ申告しなければなりません。
相続税はすべての相続人にかかる可能性があるものの、基礎控除や配偶者控除が適用されますので、場合によっては課税対象にならないこともあります。
それでも相続税の対象になっていて納税をしていないと追加でペナルティを徴収されてしまいますから、前もって税理士に相談しておくことが大切です。

税理士に相談するメリットはまず相続税が節税できる点があげられ、これは相続財産が多ければ多いほど有効ですし、その際の税務調査の回避もしやすくなります。
さらに期限までに納税手続きを正確に終えることができるので、ペナルティが発生するリスクもありませんし、税理士は税金のスペシャリストですから、手続きも迅速で安心して任せられます。
さらに2次相続を考えている場合にその相談や対策もできますから、まさに遺産相続の強い味方となってくれる存在なのです。

相続税の申告手続きは自分でもやることができますが、この場合メリットよりもデメリットのほうが圧倒的に多くなります。
自分で申告手続きをすれば料金も安くなりますし、自分のペースで進めていくことができますが、知識がない分情報収集に時間がかかりますし本来税理士に任せられるところまで自分でやらなければならず手間もかかります。
さらに正確にできているかどうかも不安ですから、もともとそういう仕事をしていたり、情報収集をしていたという場合を除けばおすすめできません。

遺産相続の対象となる財産にはいろいろな種類があって、現金や株式など分かりやすいものもあれば、土地や建物、権利など専門的に評価してもらわなければならないものもあります。
こういったものをすべてひとつひとつ正確に数字にしていかなければなりませんので、専門家の力を借りてスムーズかつ迅速に手続きをしてください。