おすすめの税理士を探す

投稿日:

相続税は被相続人から財産を引き継ぐ場合にかかる税金で、必ずしもすべての相続人が対象になるわけではありません。
と言うのも相続税には基礎控除があって、現在3,000万円+600万円×相続人の数という計算式で求めることができます。

そして相続財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、プラスの財産とは現金や株式、土地や建物などの不動産といった自身の財産となるものが対象になり、マイナスの財産とは借金など自身の負担になるものを指しています。
プラスの財産もマイナスの財産も相続の対象になりますから、まずはプラスの財産からマイナスの財産を引いて相続財産の総額を確定させます。
その後そこから基礎控除額を引いて出た部分が相続税の対象になります。

相続税がかかることが分かった場合は金額によって税率が変わりますので、そこに合わせて正確な金額を出し、税務署へ申告します。
申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内に行うことに決まっており、期限を過ぎてしまうとペナルティを徴収されてしまいますからできるだけ早い段階で手続きを進めるようにしてください。
相続税に関する相談をするなら税理士がおすすめですから、自分に合った税理士を見つけて相続税について相談してみましょう。

おすすめの税理士はいくつかポイントがあって、まずは「相続税を専門にやっている人」というのが重要になります。
税理士にもいろいろな種類があり、所得税や法人税、消費税などを専門にやっている人もいますから、そういった人だとより良いアドバイスを受けられない可能性もあります。
できるだけスムーズに手続きを進めるためにも相続税を専門にしている税理士を見つけるのは大前提と言えるでしょう。

ほかにも実際に話してみてフィーリングが合うかという点もい大切で、これは人と人との関係になりますし、大事なことを話すので信頼できる人でなければいけないからです。
つまりスキルと人間性の両方がポイントになります。