税理士と司法書士の違い

投稿日:

遺産相続は相続人だけで進めるよりも専門家に任せたほうがスムーズに進みますので、基本的には依頼したほうがいいのですが、いざ依頼するとなるとどこへ言えばいいのか分からない…という人もいるでしょう。
遺産相続に関わる専門家にもいろいろとありますが、中でもよく依頼を受けているのが税理士と司法書士です。
実際に遺産相続を経験した人の中にも税理士や司法書士に依頼して進めたという人が非常に多かったですし、そのほうが確実にスムーズになります。

なぜなら遺産相続は流れがある程度決まっているものの、ひとつひとつの手続きに期限があったり、専門的な知識が必要になったりするのでそれまでの段階で勉強しておかなければならないからです。
もともと遺産相続について調べている人やそういったことを仕事にしているのであれば特に専門家に頼る必要もないと思いますが、ほとんどの人はそうではありません。
ですから、まずは専門家に依頼して進めるというのを意識しておくことが大切です。

それでは税理士と司法書士の違いはどこにあるのでしょうか?
まず税理士の特徴から見てみると、税理士はその名の通り税金に関することの専門家なので、相続税について相談するときに利用されることが多いです。
遺産相続は相続税の対象になることがありますので、その場合まず相続税の計算をしなければなりませんし、被相続人が亡くなってから10カ月以内に申告手続きをする必要がありますから、なかなかひとりでこなすことは難しいでしょう。

次に司法書士ですが、こちらは主に登記手続きを専門に行っていて、代行業務がメインになりますから、不動産を相続する場合の名義変更の際に利用されることがほとんどです。
税理士な行政書士では代行業務ができませんし、登記手続きに関しては司法書士にすべて任せられるのでよりスムーズになります。
このように税理士と司法書士の違いは税務に関することか登記に関することかという部分にあります。