税理士と弁護士の違い

投稿日:

被相続人が亡くなった後、相続人となる人たちが集まって相続について話し合いをしなければなりませんが、こういった場で親族間のトラブルが起こることも少なくありません。
相続のトラブルは全体のおよそ70パーセントの人が経験していると言われるくらい頻繁に起こっていますし、それがきっかけで親族間の関係がギクシャクしてしまうこともめずらしくありませんから、できるだけ専門家に依頼して間に入ってもらいながら進めるのが賢明です。

相続に関する専門家としてまずあげられるのが弁護士ですが、弁護士は相続においてどんな仕事ができるかと言うと、基本的に「交渉」と「訴訟」に関することです。
いわゆるトラブル解決するための仕事で、弁護士が間に入ることによってトラブルになりかけていた話をまとめたり、もともと関係が悪かった相続人同士の交渉に代理人として利用されることもよくあります。
弁護士が仲介することで当人同士の協議が必要なくなりますから、少し冷静に考えることができますし、解決に向けて動き出すので話がまとまるのも早いです。
もしこれから相続するかもしれないけど、関係が悪い親族がいるなら早めに弁護士に相談してどのような対応をするか考えてみるといいでしょう。

そして相続には相続税がかかってくる場合がありますが、この場合は弁護士ではなく税理士に依頼するのが普通です。
税理士と弁護士のもっとも大きな違いは税理士は税務のエキスパートなので、税金関連の仕事に長けているという点です。
たとえばこれから自分が相続する財産が相続税の対象になるのか、さらに相続税がかかるのか、かかるとするとどれくらいの税金を納めなければならないのかといった点を相談できます。
相続税は必ずかかるとは限りませんが、基礎控除を超える金額になれば発生しますので、前もって相談しておくと自分が相続税の対象になっているのか知れますから安心です。
このように税理士と弁護士はそれぞれ専門的な役割を持っています。